Home » Culture & society, Japanese, Language education, Learning experiences, Linguistics

漢字が怖いですか。On “The Horror of Ideograms”

Written By: daveski on March 4, 2009 6 Comments

今日の言葉は「入口」です。英語にすると「entrance」になりますね。その意味はあまり複雑ではありませんが、日本語の学習者にしても観光客にしても、あと都会の道を行き交う一般人にしても大変重要な言葉だと思います。

Today’s word is “入口” (iri-guchi), which means “entrance”. I remember being struck the first time I was in Japan by the simplicity of the lines in these characters–the 2 smooth strokes of the “入” meaning “to go into” and ”口” literally meaning “mouth”, or “opening”.

最近、ランゲージログという、言語学にかかわって人気のあるブログで、ジェフリープラム教授の記事(ブログ?)を読みました。その見出し(タイトル?題名?)は、私のと一緒、”The Horrror of Ideograms“, つまり、「漢字の恐ろしさについて」です(訳が合っていますか。皆さん助けて下さい:)。プラム教授はもちろん、他の言語学者のように言語に興味プラス才能がたっぷりで、何カ国語ができるようですが、漢字がつかわれているアジアの言葉が一切もできないと、ブログで書いています。そして先週、香港の学会で発表することに当たって、「恐ろしい漢字の国」に入ることになるのがきっかけで、ランゲージログの読者にアドバイスを頼んでいます。

What got me motivated to write this post was reading Geoffrey K. Pullum’s recent post on the Language Log, which he calls “The Horror of Ideograms“. In it, he writes just before he’s going to leave for Hong Kong to deliver some lectures that he’s always found Japanese and especially Chinese writing intimidating. While he’s familiar with several languages and several scripts (he mentions Cyrillic and Greek and says he’s learned a little Korean too), Chinese “ideograms” have always, he said,  inspired in him a kind of fear of iliteracy and reduced him to feeling like an infant. Hanzi, Kanji, Hanja, apparently, are pretty scary things.

「漢字が怖い」。どうしてでしょう。ブログでプラム教授は漢字を見ると自分が幼くなり、まるで字の読めない、いや、話し言葉さえ分からない赤ちゃんのような恥(?)を感じるって書いています。で、私がこう読んだら、なるほど、私もある程度その恐怖感(?)が動機になって日本語の勉強に励んだんじゃないかって思いました。

でもその「幼さ」の裏にも、おそらく西洋人の微妙な差別感も流れているんじゃないでしょうか。この課題がだれかの論文のテーマになっているかも知れませんが短く書いてみると、漢字が東洋の異邦さと中国人や日本人があくまでも他者(Other)であるのを象徴しているんじゃないかなって思わせられます。文化が違うからコミュニケーションをとるのが難しいのじゃなく、絶対的に文明の差があるため総合理解し合うのがほとんど不可能、という立場じゃないですか。

これはもちろん、プラム教授のつもりだって私が主張しているんじゃなく、ただ、私がそのブログを読んで、主観的な思いを書いて試しているだけです。皆さんはどう思いっているでしょうか。

Prof. Pullum’s post made me reflect on not just what it feels like to be illiterate in the face of an unrecognizeable script, but how scripts like the Chinese characters that populate even this page, and the Hindi in Usree’s recent aside, can so easily serve as stand-ins for a kind of inscrutable Otherness when viewed from a western center/centre. How many times have we seen movie scenes shot on the streets of Hong Kong at night, with layers of vertical neon signs (over)populated with Chinese characters blazing in all different colors, designed to show us just how far away, how different, how foreign that place is.

Of course these are my thoughts, read from Prof. Pullum’s words but not in them. The perspective of a language learner from an English-speaking country using the Roman alphabet must overlap some with his own–for sure, the prospect of learning an ‘alpabet’ of thousands of characters can indeed be pretty scary. Yet engagement and dialog has to start somewhere, and I was happy to see many of his 60+ commenters offering advice, and even teaching ‘mini-lessons’ right there on the post. Very cool!

For my part, coming to recognize 入口 and its opposite 出口 (deguchi), or exit, was a first step in making accessible this language, and the scripts, I had started to learn over 10 years ago. Not only did 入口 say “entrance”, but it signaled to me that, while it’s easy to see the thousands of Chinese characters as a wall of sorts, an undifferentiated and impermeable mass, each character will in fact begin to speak to you and invite you in, step by step, one by one, and familiy by family.

Tags: , , , ,

Digg this!Add to del.icio.us!Stumble this!Add to Techorati!Share on Facebook!Seed Newsvine!Reddit!

6 Responses to “漢字が怖いですか。On “The Horror of Ideograms””

  1. michinoski on: 6 March 2009 at 8:43 am

    漢字が怖い、という発想がおもしろいですね。この教授の感じる恐怖の元には、おそらくオリエンタリズムに起因するような差別感、または白人あるいはヨーロッパ至上主義みたいなものはあるでしょうね。たとえば、私が漢字圏以外の言語(たとえば英語でもアラビア語でもいいですが)を学ぼうと思うとき、unfamiliar (日本語で表現しにくい)とは感じても、恐怖は感じません。

    考えられる要素のひとつとしては、冷戦後、とくに21世紀に入ってからの国際状況の変化が考えられるような気もします。というのは、1980年代にまず日本経済が繁栄しましたが、すぐにバブルでそれも消えてしまいましたよね。やっぱりアジアの国は、アメリカとヨーロッパを中心とした政治経済体の仲間にはなれても超えることはできない、と一般の西洋人(ひっくるめるのは失礼ですが、便宜上ということで)は思っていたんではないでしょうか?ところが、中国の経済発展とともに、アジアの経済が全体的に伸びてきたわけです。こういう状況のなかでやはりアメリカやヨーロッパは脅威を感じたのではないでしょうか?私はいつも本屋のカフェで論文を書いていますが、こちらの政治経済関係のジャーナルがいかに中国の台頭を意識しているかがわかります。レッドドラゴンだの、眠れる獅子がついに起きた、だの。こうなってくると、政治、経済、文化(とくに言語)について研究する人にとってはアジア、特に中国を無視できないわけですよね。そういう事情や切迫感が相まって、漢字の難しさを単なる違いでなく恐怖を伴った脅威といいますか、超えられない、あるいは難攻不落の要塞のように感じてしまうのでは。もともとは単なる違いでありsense of unfamiliarity であっても力関係が絡んでくると、単なる違いとは受け取れないような気もします。どうでしょう?考えすぎでしょうかね??
    Daveski は漢字が怖いですか?私はあなたの達者な日本語のほうがむしろこわいんですが・・・

  2. ykishi on: 6 March 2009 at 3:33 pm

    この教授はilliteracyのことだけに恐怖を感じたんでしょうか…彼が日本語や中国語を喋れていたけど文字は一切読めない、といった場合もおなじレベルの恐怖を感じたんでしょうか。そんなことはないでしょう。恐怖の度合いは低かったんじゃないかと思います。

    彼のブログをみて、韓国で1人でタクシーに乗った時の体験を思い出しました。私は韓国語は読み書きどころか挨拶もままならない状態で、空港からホテルに向かわなきゃいけなかったんですが、このタクシードライバーに全くもって私の英語も日本語も通じない。タクシーの運ちゃん、絶対に行き先わかってないのに高速をびゅんびゅん走っちゃっている現実に直面した時の恐怖と無力感は忘れられません。

    この教授の言ってる恐怖も、きっとこういうことも含めて、自分のできることが限られてしまうがゆえのコントロールが効かない恐怖感と子供になってしまったかのような無力感を感じたんだろうと思いました。

    母語圏外に出たことがある人は誰でもその恐怖に直面し、克服する努力をしてきているのではないでしょうか。NZで英語の勉強のために生活し始めた頃なんてホントに自分で何にもできなくて、幼稚園児みたいな英語しか喋れないし、くやしくて泣いたのを覚えてます。今でこそ、ようやく英語での日常生活に恐怖を伴う程の事態はなくなってきましたが、いまだに病院では怖いです。医療用語は全然わからないし、サインしろなんていわれたもんならめくら判つくしかないですもん。
    言いたいことも上手く伝えられないし。ちくちく痛い、ずきずき痛い、ひりひり痛いとか、細かい自分の症状の違い、いまだに英語では上手く伝えられません。

    彼のブログを読んだだけではアジアへの恐怖感がアジアに対する差別意識につながるのかどうかは私にはわかりませんでした。(英語読解力の問題もあるかも)私も恐怖を感じますから。

  3. michinoski on: 6 March 2009 at 7:14 pm

    Perhaps what the good professor finds so daunting is the fact the Chinese characters are simply alien to anyone who uses Indo-European languages. Most western languages in it current form is based upon an alphabet which is used to capture phonics. Korean is also the same way. However, Chinese characters began as pictographs which have lost their bases are now simply abstract representation of meaning. Simply put it’s like asking someone who has admiring french impressionism to make the leap to understand cubism.

  4. michinoski on: 6 March 2009 at 7:49 pm

    Daveski,

    Yet, doesn’t this professor’s story remind you of Foucault’s book, The Order of Things, his reference to Chinese encyclopedia. The taxonomy did not make any sense to Foucault as the “operating table” was removed. Back then, he laughed at such “impossibility of thinking that” as he found it as “different” and hence “interesting.” Would he, however, laugh at it if he was contemporary? If he realized that the language that he needs to understand (because it accompanies with both cultural and economic capitals in the contemporary social context)has completely different ways of meaning making processes, would he find it just “interesting”?

    I had a sense that “difference” may not be simply viewed as “difference” when power comes into play in the field of language as Bourdieu suggests.

    Anyhow, I found it interesting that he doesn’t feel intimidated by any other languages but Chinese characters.

  5. daveski on: 7 March 2009 at 10:50 am

    すごいなぁコメントの量(長さ?)なんて!この課題っていろんな意味で複雑で、深いですよね。私もすぐにこれだ!あれだ!って判断できるところでは当然ありません。。。michinoskiが書いているようにプルム教授のポストは、西洋人が抱いているアジアの文化に対する恐怖/偏見をあらわしているところも見えますし、ykishiが言っている、海を渡って異文化に接して言葉も全く通じない経験のある者ならだれでも分かる、普遍性のあるemotionもあるように見えますね。プルム教授に聞いてみたいもんですね。

    I do think there’s something really important in the fact that it’s not the SOUND of the languages of China and Japan that make Prof. Pullum feel so uneasy — it is the WRITING that affects him, that creates feelings of being lost. And it is the fear of being lost that is such a strong emotion, that seems so easily turned into attraction to the exotic:

    From Linguistic Landscape

    @ykishi: I totally forgot about that taxi ride in Seoul! Next time I’ll give you Jean’s phone number! :) And I totally agree with you about the language of pain being so hard to learn and use at the times it counts…

    @michinoski: I have to say I’m fascinated by your username. It could be a complete coincidence that we (perhaps?) share a very similar last name of Polish origin and that’s why it ends in -ski, but given other evidence I think that’s rather unlikely, haha. It seems you’ve positioned yourself somewhere between the ‘you’ and the ‘me’ with a bizarre hybrid inter-ego-identity of sorts….

    And yes, I was TOTALLY thinking of Borges’ encyclopedia. Freaky!

  6. daveski on: 11 March 2009 at 6:49 pm

    Hey Ward! Will you take a trackback for a ping? Great to hear from you and see your post! Although I think you’re MUCH too kind…amazing how memories get exaggerated with time, isn’t it? Like those 3-foot pike we caught in Asanokawa…

Trackbacks/Pingbacks

  1. Lost? Find Found in Translation « Ward’s Words

Leave a Reply:

You must be logged in to post a comment.

  Copyright ©2009 Found in Translation, All rights reserved.| Powered by WordPress| WPElegance2Col theme by Techblissonline.com