Home » Japanese, Language & identity, Learning experiences, Study abroad

しだれざくら

Written By: daveski on April 1, 2009 1 Comment

枝垂れ桜はなぜこんなに美しいのでしょうか。 昨日、キャンパスの中にある、モフィット図書館のすぐ前を歩いていて、この枝垂れ桜を発見しました。数百回歩いているみちですが、まるで久しぶりに昔の友達にばったり会って、うれしく感じて、互いにあいさつした、と言った方がいいかも知れません。

sakuratree

その周りにほかの桜の木もいろいろあります。日当たりのもっといいところにはもっときれいに見える薄紅色の花がたくさんあります。にも関わらず、垂れている枝と、薄いピンク色の花びらを見て、美しいなぁって再び思いました。 どうして美しいのでしょう。

flowers1

今日は四月一日です。バークレー大の春休みが終わったばかりで、あと少しで学期も終わる時期です。学生や教授ならだれでも疲れる頃、つまり、肩を落とすように、そして、下を向くように垂れる頃です。でも、この枝垂れ桜を見ながら、「四月一日」と思っていたら、ふと思い出しました。今日は、終わる頃じゃなくて、日本ならもうすぐやってくる新学期のことと、春を待つ人々の期待感が含まれている、いわゆる始まりの日だということを。

なるほど。私たちも、昔の兼六園にあった旧友の枝垂れ桜のように、疲れや病気などにちょっと落ち込んでいても、きれいな花が開く時期です。そして、おそらくその桜の木の枝が垂れているからこそ、花がさらに美しく見えるのかも知れません。

flowers2

Tags: , , , , , , ,

Digg this!Add to del.icio.us!Stumble this!Add to Techorati!Share on Facebook!Seed Newsvine!Reddit!

One Response to “しだれざくら”

  1. michinoski on: 7 April 2009 at 8:55 am

    Daveski,
    Thank you for this.
    So nice to see pictures of CB.
    Since I live in CT, we can only see cherry blossoms on the cover of some Japanese manga comic books at B & N:)
    Sad.

Leave a Reply:

You must be logged in to post a comment.

  Copyright ©2009 Found in Translation, All rights reserved.| Powered by WordPress| WPElegance2Col theme by Techblissonline.com